両国にもある整形外科でできること

subpage1

両国に整形外科は数多くあります。

両国にもある整形外科の他に形成外科などもあり違いがわからないこともあります。

整形外科は骨折、捻挫や打撲、腰痛、関節痛などを主に治療します。


外科もありますが、外科は主に手術をするような治療を行ないます。

形成外科は、生まれつきの体の表面の形状の異常などを治療したり、指や手の外傷、鼻や頬などの顔面骨骨折などを中心に治療しています。
腰痛がある場合なども両国にもある整形外科で治療することができます。
腰痛の治療というと整体やカイロプラクティックなどのサロンで治療することもありますが、それぞれで治療する範囲が異なるのです。



整骨院は国家資格である柔道整復師が治療します。

検査や診断などは行なわないため、痛みが起こった時期が特定できたり、痛みは腰のみで足などにしびれがない場合に手軽に治療する場合に受診すると良いです。

日本経済新聞のことなら、こちらをご参考にしてください。

鍼灸院は鍼師や灸師という国家資格がある施術者による東洋医学に基づいた鍼灸治療を行なうところです。
病院で治療を受けた後の腰の張りがある場合などに有効です。

海外では医療として認められている国もあるカイロプラクティックは特に公的な資格は必要とせず、リラックスやリフレッシュを目的とした場合に良いです。



整形外科は医療免許のある医師による診察や検査、治療などができ、薬物療法やリハビリ、手術、日常生活の指導までの治療を行なうことができ、基本的には健康保険が適用されます。腰痛の原因が特定できない、寝ているだけでも腰痛がある、腰痛とともに足にしびれるなどの症状がある場合に利用します。また痛み内科的疾患からの場合もあり、その場合は内科などと治療を連携することもできます。